SKiアカデミア

SKI is our life.

ストックの正しい構え方は?スキーインストラクターがその秘訣について徹底解説!

f:id:dade1:20220114204539p:plain

皆さんはスキーをする際にストックワークについて意識していますか?

 

スキーの滑走時に板のことや荷重のことはよく考えますがストックワークについて考えている人は少ないかもしれません。

 

しかしストックを意識することは、滑りのシルエットや上半身の安定にとても大きく関係してきます。

 

今回はそんなストックワークについての解説と簡単な練習方法について紹介したいと思います。

 

一般スキーヤーはもちろんのこと、基礎スキーの大会を目指している方や検定を受けようとしている方は是非参考にしてみてください!

 

この記事はこんな人にオススメ!

・滑りの見た目が変だけどどうしたらいいのかわからない。

・ストックワークなんて気にしたことがない…

・もっと上手に滑りたい!

<推定閲覧時間5分>

 

1.ストックワークで最短上達!?

スキーをやられている方はよく

 

「どうやって荷重したらいいのか」

「切り替えのタイミングはいつか」

「ターン中の動作はどうしたらいいのか」

 

などなど、滑り方の理論的なことについてよく質問されます。

f:id:dade1:20220114203705j:plain

 

もちろんスキーを上達させるためには、そういった滑りの理論を理解することは一番重要になります。

 

しかし、それら滑りの理論だけを完璧にやろうとしても時間がかかりますし、どれも完ぺきにできる人はいません。

 

それに比べてストックワーク(構え方)についてはやってみようと思えばすぐに実践しやすいですし、ストックワークが安定することで滑走時の安定性にもつながってきます。

 

なるべく短時間でスキーを上達させるための近道はストックワークについて意識することです。

 

皆さんもここで紹介されていることをスキー場でぜひ試してみてください。

 

2.ストックワークは自分の滑りに直結する

ストックワークはストックだけでなく腕の構えも含みます。

 

ですので、ストックワークを変化させるだけでも滑りの見た目は大きく変化します。

 

腕は足首などと違って拘束力がなく自由に動かせるため、人によって癖が出やすい部分であるともいえます。

 

また、ストックワークは形だけではなく滑り自体にも変化をもたらします。

 

これを見られている方はぜひスキー場で試していただきたいのですが、ストックをリラックスして持つのと、力強く少し脇をしめるように持つのでは、上半身の力の入り方が大きく変わります。

 

「ストックの持ち方だけで滑りまで変化するの?」

 

と思われる方は多いと思いますが、実際にやってみると身をもって実感できます。

 

スキー場に行った際にぜひ確認してみてください。

 

3.ストックワークが上手になるには

ここまでのお話で皆さんストックワークの大切さについて少しは理解していただけたと思います。

 

では実際、どのようなストックワークが正しいのでしょうか。

 

結論から言うと必ずしもこうしろという答えはありません。

 

この下にリンクを張っている昨年の技術選をご覧になってみてください。

 

ストックワークに関して注目してみると、全員が同じストックワーク(構え)をしているわけではないことがよくわかると思います。

 

特に北海道代表の「武田竜選手」はストックワークが独特と言われており、滑りに力強い印象を与えるストックワークになっています。

 

youtube

www.youtube.com&

 

ストックワーク1つで滑りのシルエットは変わってきますので皆さんは自分の理想的な滑りをする人のストックワークを真似してみるといいかもしれません。

 

一般的に言われることは

 

「ゴーグルの視界にぎりぎり手が映るか映らないかぐらいのところにストックを構える」

「バランスボールを抱えるようにストックを構える」

「少し脇をしめて肘を中に入れる感覚」

 

などなど教えるインストラクターやコーチによって言われることは様々です。

 

自分に合ったストックワークを身に着け、その感覚を自分のものにしていきましょう。

 

4.おすすめの練習方法

ここからはおすすめの練習方法について紹介していきたいと思います。

 

①緩斜面でストックワークを身に着ける

まず一つ目は緩斜面でストックワークを身に着けるということです。

 

これはとても重要です。

 

ストックワークの練習をしていると緩斜面ではできるけど、急斜面になってスピードが出てきたときに今までの癖のあるストックワークに戻ってしまうことが多々あります。

 

私もストックワークを練習しているのですが、急斜面になると自分の思ったようなストックワークができません。

 

新しいストックワークにするときは緩斜面でこれでもかというくらい体にしみこませるようにしてください。

 

どんなバーンでも同じようなストックワークができる人は上半身の安定しているように見られるため滑りの評価も上がります。

 

②ビデオをとって確認する

これはスキーの練習全般に言えることなのですがビデオをとって自分のストックワークがおかしくないかを確認するようにしてください。

f:id:dade1:20220114203126j:plain

自分の中ではうまくいっているなと思っていても実際に滑りを見る人からするとそうでもないことが多いです。

 

できれば自分の滑りの動画をスマホなどにダウンロードし、YouTubeなどに上がっている滑りと見比べるとなおいいと思います。

 

余談ですがストックが家にある方は鏡の前や窓の前に立って構えの練習をするといいでしょう。

 

はたから見たら変な人になるので人目のないところでやってくださいね笑

 

正しいストックワークが身に着けば信じられないほど自分の滑りが変わります。だまされたと思って皆さんも練習してみてください!

 

5.最後に

いかがでしたでしょうか。

 

このサイト内でストックワークはとても重要だ!と言われてもあまりピンとこない方が多いと思います。

 

百聞は一見に如かずという言葉があるようにぜひスキー場でストックワークについて意識した滑りを誰かに見てもらってください。

 

動画をTwitterのDMに送信していただければ私から簡単なアドバイス等もしますのでその時はぜひ気軽に連絡ください!

 

このサイトではスキーで役立つ意外な知識から、レベル別の技術解説までスキーに関する役立つ様々な情報を発信しています。

 

スキーをもっと上達したい!スキーを始めてみたい!スキーについてもっと知りたい!と思っている方はぜひほかの記事もご覧になってください。 また、解説してほしいことや感想等ございましたらコメント欄か当サイトの運営Twitterまでよろしくお願いいたします。