SKiアカデミア

SKI is our life.

外スキーはこれくらい荷重する!ターン時の荷重割合についてスキーインストラクターが徹底解説

f:id:dade1:20211218144700p:plain

皆さんはスキーを滑る際にどちらの足にどれくらいの重さを乗せるイメージで滑っていますか?

 

今回は中級者から上級者のスキーヤーに向けて、ターンするときの内スキー、外スキーの荷重の割合についてわかりやすく解説していきたいと思います。

 

スキーをもっとうまくなりたい!という方はぜひこのサイトを参考にしてみてください。

 

この記事はこんな人にオススメ!

・もっとスキーが上手になりたい

・どれくらい外スキーに荷重したらいいの?

・うまい人はどれくらいの割合で滑っているの?

<推定閲覧時間5分>

 

1.外スキー内スキーとは

まず本題に入る前に本サイトでよく使われる「内スキー」「外スキー」という言葉の紹介をしておこうと思います。

 

ご存じの方はいらっしゃると思いますが「外スキー」とはターンする際にターン外側にある板のことをいい、逆に「内スキー」とはターンする際に内側にある板のことを言います。

 

例えば…

<右に曲がるターンの時>

右脚=内スキー 左脚=外スキー

<左に曲がる時>

右脚=外スキー 左脚=内スキー

 

になります。

 

普通に滑っていればターンするときは外スキーに圧をかけることで曲がりますので、必然的に外スキーの荷重割合が大きくなります。

 

またターンするときの外力との釣り合いを作るためにも外スキーの荷重は内スキーよりも大きくなってしまうことが多いのです。

 

2.内スキー荷重やりすぎるとどうなる?

ここまでの話で少し理解できた人は、

「外スキーの荷重が必要なのは分かったけど内スキーの割合が極端におおきくなったらどうなってしまうの?」

と疑問に思われるかもしれません。

 

結論からから言うとターン中に内スキーの割合が大きくなってしまうと滑りが安定しなくなってしまいます。

 

滑りが安定しなくなる主な原因としては内倒が起きてしまい、スピードコントロールができなくなってしまうといったことが挙げられます。

f:id:dade1:20211027085129j:plain

 

内倒とはターンをするときにターン内側に身体が倒れこんでしまうことを言います。

 

内側に倒れこんだ状態では外スキーにしっかりと圧をかけることができないためスピードが出てきた際にターンの外力に耐えられず、暴走してしまう原因になります。

 

ですので内スキーに荷重を加えるほど外スキーにかかる圧力も減っていきますのでやりすぎには注意しなくてはいけません。

 

3.イメージでは何対何がいいのか

ここまでで皆さんはなんとなく外スキーの荷重割合が大きくないと内倒してしまうことはいおわかりいただけたと思います。

 

ではどれくらいの割合で外スキーと内スキーに荷重したらいいのでしょうか。

f:id:dade1:20211218143725p:plain

 

これは言ってしまえば人それぞれになってしまうのですが、内スキー:外スキーが3:7から4:6が理想的になります。

 

内スキーの方が割合が低くなることは上記でも説明した通りですが、外スキーにもっと割合をかけてもいいのではないかと思われる方がいらっしゃると思います。

 

アルペンスキーヤーはよく「0:10ぐらいでもいい」なんて言われたりします。

(自分もアルペンスキーをしてる時はよく言われました。笑)

 

しかし実際は0:10の形を作り出すのは無理があります。

 

内スキーの荷重が0になるには雪面と完全に接していない状態を作らなければならず、少しでも触れてしまえば数値的に0になることはあり得ないのです。

 

また外スキーにばかり圧を集中させてしまうとターンの始動が遅れてしまう原因にもなります。

 

当たり前ですがスキーはターンをするごとに外スキーになる脚が変わってきます。

 

前のターンで外スキーだった脚が次のターンでは内スキーになりますよね。

ここでどちらかのスキー板に圧力をかけすぎてしまうと、次のターンで圧力の移動幅が大きくなってしまいスムーズなターン切り替えができなくなってしまいます。

 

スキーではターンの始動がとても重要になってくるのでスムーズなターン切り替え。

 

スキー場の傾斜やバーン状況によって一概にコレといったことは言えませんが、内スキーと外スキーの割合は4:6から3:7程度が理想的なのだと心の片隅にしまっておいてください。

 

POINT!

内スキー:外スキーは4:6か3:7が理想的!

偏りすぎるとターンの始動が遅くなるので注意。

 

4.最後に

いかがでしたでしょうか。

 

今回はブログという媒体を用いて簡単にですがスキー板の左右の圧力差について解説しました。

 

言葉で理解しても実践で身につけるのには時間がかかるスポーツ、それがスキーです。

 

自分なりの解釈に落とし込んでもらっていいので、今回の内容が少しでも皆さんのスキー技術向上の手助けになれれば幸いです。

 

このサイトではスキーで役立つ意外な知識から、レベル別の技術解説までスキーに関する役立つ様々な情報を発信しています。

 

スキーをもっと上達したい!スキーを始めてみたい!スキーについてもっと知りたい!と思っている方はぜひほかの記事もご覧になってください。 また、解説してほしいことや感想等ございましたらコメント欄か当サイトの運営Twitterまでよろしくお願いいたします。